金沢美大70周年同窓会記念事業(事業報告)


 2016年11月。金沢21世紀美術館の真っ白な器に、私たち同窓生の作品が搬入され、多くの出逢いや感動を生み、そうしてまた搬出作業が行われ、まるで何もなかったかのように真っ白な部屋に戻っていく様は、とても感慨深いものがありました。

 私たちのアートやデザインは、形や色、素材という存在がもう既にそこになくても、それはひとの記憶として、ずっと輝き生き続けるもの。70年前の赤煉瓦校舎で燃えていた、学生たちの熱い魂は、今も生き続けていることを実感いたしました。



金の美 礼賛

初めての、全国支部挙げての「金の美 大展覧会」。私たち同窓生がこよなく愛する、金沢美大の70歳の記念に、私たちは、大きな足跡を残すことができたのではないかと思います。それは、約400名の同窓生の方からの多大なる寄付、第1期生の方から現役美大生の方まで、多くの同窓生に参加いただけたこと、そして100名を超える全国の実行委員の方々のご支援・ご協力によって、足かけ4年以上の年月をかけて実現できたものです。心から感謝とお礼を申し上げたいと思います。ほんとうにありがとうございました。

 これから新たな挑戦を始めている母校に、私たちはこれからも、限りなく変わりなく、愛を注ぎ続け、応援したいと思っています。



全国の皆様から5,677,874円のご寄付を賜りました!


 お陰様で、開学70周年記念事業も1,400万円を越える予算規模で行うことができました。ひとえに、全国の同窓生の皆様からご寄付をいただいた賜だと、感謝申し上げます。母校の美大からも200万円、成美会70万円の補助金をいただいています。こちらも感謝申し上げます。

 なお。「かなびサポーター」へは300,000円。「子供地球基金」へは実行委員会として200,000円と東京コミッティから20,000円の合計220,000円を寄付しています。