top of page

人間国宝 中川衛 先生  展覧会開催のご案内



パナソニック汐留美術館の開館20周年を記念し、パナソニック出身で、石川県金沢市を拠点に活動する金工作家・重要無形文化財「彫金」保持者(人間国宝)、中川 衛(1947年生まれ 金沢工芸大学工業デザイン専攻)氏を紹介する展示会が2023.7.15~9.18の期間、開催されます。


本展では、中川氏の初期の象嵌作品から最新作までを辿るとともに、1970-80年代に手掛けたプロダクトデザイン、金工の道に進む原点となった加賀象嵌の銘品、現代アーティストとのコラボレーション、技を受け継ぐ次世代の作品など、作品・資料を合わせ約100点が展示されます。

中川氏の象嵌制作に一貫して息づくデザインの精神と、伝統技法の継承を目指す様々な取り組みにご注目ください。

『人間国宝・中川衛の仕事を「デザイン」の視点で展観する初の展覧会』として、また、『「工業デザイン」と「伝統工芸」をつなぐ展示空間の試み』、さらに『世代・ジャンル・国境を超えた現代金工の拡がり、魅力再発見』と、みどころ満載です。ぜひ足をお運びください。


パナソニック汐留美術館学芸員によるギャラリートークなども開催予定ですので、詳しくは下記HPをご覧ください。


パナソニック汐留美術館 


中川 衛 美しき金工とデザイン パンフレット(PDF)



Comments


bottom of page